家電を買取り依頼する前に調べておくこと

2014年7月6日

買い替えてもういらない家電がある・一人暮らしをしていたけれど実家に戻ってきたからいらない家電がある。

家電は捨てるのもお金がかかる時代です。

そしてただ捨てるだけならば、買取りしてもらって売った方がいいと思いませんか?

時代はエコ・リユース・リサイクルです。

多くの方がもう使わない家電を買取りに出しています。

では、家電を買取利してもらう前に、ぜひ調べておいてほしいポイントを紹介します。

まずはその家電のメーカー・製造年月・モデルを調べておきましょう。

だいたいの家電が、本体のどこかしらに書いてあります。

これらは買取査定に大きくかかわりますので、必ず調べておきましょう。

例えばテレビの場合は、製造年月から3年以上経過いているものは、買取不可かかなり低価格での買取になってしまいます。

買取価格を判断するためには、これらの情報が必須というわけです。

そして、付属品の有無も重要になります。

付属品とは説明書などのことです。

掃除機でしたら、予備のホースや部品などもあるといいですね。

これらがあると買取額アップが期待できます。

さらに箱があればいいでしょう。箱の有無でも買取価格は大きく変わりますので、購入時に商品が入っていた箱は取っておくといいですね。

このように一言で買取りといっても必要な情報・ものがあります。

わからない方は、一度査定をしてもらうと業者の方で正確な情報を出してくれますので、わからなくても大丈夫です。

Comments (0)

Filed under: 電化製品関係 — admin @ 12:00 AM